メニュー

薄毛・抜け毛(AGA)

AGAとは男性型脱毛症(androgenetic alopecia:AGA)の略称です。
AGAは男性ホルモンと遺伝が関連した脱毛症で男性では最も多く見られる脱毛症です。
他の脱毛症と異なり思春期以降に額の生え際や頭頂部の頭髪が薄くなり、徐々に進行していくのが特徴です。
髪の毛が伸びる成長段階の時間が短くなり、正常よりも早い段階で髪の毛が抜けてしまい、細くて短い髪の毛が増え、全体として薄毛が目立つようになります。

原因

髪の毛の生えかわりには周期があり、(1)成長期、(2)退行期、(3)休止期の3つを繰り返しています。
AGAでは、髪が伸びて成長するべき成長期が正常よりも短くなってしまい、しっかりと髪の毛が伸びる前に成長を止めてしまいます。
その後、退行期、休止期へと移行することから、髪の毛が抜け落ちてしまいます。

AGAの発症には、男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロン(DHT)が関与しています。
DHTの働きが強い状態では、髪の毛の成長が抑制されてしまい、結果として脱毛症の発症につながります。
男性ホルモン受容体は、頭のてっぺんや前の方の髪の毛に多く存在していることから、AGAによる脱毛症状はそれらの部位に起こりやすいです。
またAGAには遺伝的素因も関係していると考えられています。

治療

AGAは進行性です。放っておくと徐々に進んで行きます。
早めの対処によって進行をある程度抑えることが 出来るようになってきました。
その代表的な方法が飲み薬のプロペシアです。飲み薬にはいくつか種類があり、また塗り薬もあります。
こうした治療方法を、組み合わせながら、継続的に治療が行なわれます。

ただし、治療効果については一定ではないこともあります。
また、薬剤の使用をやめることで再び症状が進行する可能性もあります。
そのため、若い時期や気になりはじめた時期から治療を開始し継続することが大切になります。

AGA治療料金

初回 ●●●●●●円
2回目以降 ●●●●●●円

初回・2回目いずれも診察料及びプロペシア28日分の処方を含んだ金額です。

AGAについてもっと詳しく知りたい方は、こちらをごらんください。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME